選ぶ時はドライフードかウェットフードかで決める

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キャットフードには大まかに分けて二種類、かドライフードとウェットフードに分けられます。市販や通販のショップではこの二種類を扱うところも多く、猫を飼っている飼主さんの中にはどちらのタイプも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ドライフードとウェットフード両者には魅力があるので、選ぶ際に参考にしましょう。

ドライフフードは高価な成分が使用されているキャットフードでも安価に購入できます。また、必要な栄養素やカロリーがしっかりと配合されているので、猫に必要な成分を食事から与えることが可能です。更に保存ができることも利点です。今では栄養価が高いキャットフードや高価な成分が使用されているものに消費期限が短いキャットフードも存在していますが、ウェットフードよりも長いケースが多いです。

ウェットフードは、水分量が多く、食事から同時に水分も摂取できることが利点です。また、味の種類が豊富です。実際に店舗などで購入したことがある人であれば理解できますが、豊富な種類が販売されており、飼い猫の好みの味のウェットフードを見つけることができます。その他にも嗜好性に適しているという点も魅力の一つとして挙げることができるでしょう。

選び方のポイントは穀物の有無を確認すること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

穀物の有無を確認することもキャットフードを選ぶ時にポイントになります。穀物は多くのケースで猫の負担になるケースが多いです。猫は元々消化が不得意な動物で、穀物が多く含まれているキャットフードを選択すると消化するために身体に負担を与える可能性があります。飼主さんの中には猫に負担を与えるのであれば穀物を含めないように製造すればいいのにと疑問を抱く人もいますが、穀物を使用すると量が増えるので、コスト削減など業者側にメリットがあります。

実際に穀物が使われていないキャットフードを選択することでアレルギー予防、対策が可能です。アレルギーは大したことはないと思う人もいますが、動物がアレルギーになると重症の場合、臓器にも影響を与える可能性があるので、健康的な生活を送ることができない可能性があります。もし穀物不使用なものを選択すればアレルギーに悩みを抱えている猫でも食事からサポートできます。

穀物不使用のものを選択することで、肥満防止なども期待することができます。肥満になれば心臓への負担が大きくなる可能性があります。そのため、肥満の猫を飼っている飼主さんの中にはダイエットをどのようにすればいいのかわからない人もいますが、もし挑戦するのであればキャットフードの変更から検討してみてはいかがでしょうか。

キャットフードの選ぶ際のポイントを知ろう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キャットフードは猫の健康を支えるために必要なものになるので、飼い猫の健康を考えて慎重にキャットフードを選択する人は多いです。現在では種類が豊富で実際に探したことがある飼主さんであれば種類の多さに圧倒されたことがある人もいるのではないでしょうか。キャットフードの選び方には様々なポイントがありますが、基礎的なポイントとしてはライフステージを挙げることができます

ライフステージとは年齢のことで、人間と同様に猫においても年齢によって摂取すべき量や内容が異なります。例えば幼猫であればこれから成長しますから、成長をサポートしてくれる栄養をたくさん摂ることが求められます。老猫であれば幼猫とは異なり、内臓機能の低下が始まります。そのため、消化吸収をサポートしてくれるタイプのキャットフードや、少ない量で必要な栄養を摂取できるタイプのキャットフードを選択する人が多いです。

ライフステージだけでなく、猫の好みの味のキャットフードを選択することも選ぶ際のポイントになります。実際に猫の中には好き嫌いをする子も珍しくありません。もし好みでない味のキャットフードを選択しても食べてくれる可能性が低くなってしまうため、食べやすい好みのものを選択するのが一般的です。このようなポイントを挙げることができますが、その他にも穀物の有無など複数のポイントがあるので、ポイントを参考にして猫の好みのキャットフードを選択してみてはいかがでしょうか。