選び方のポイントは穀物の有無を確認すること


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

穀物の有無を確認することもキャットフードを選ぶ時にポイントになります。穀物は多くのケースで猫の負担になるケースが多いです。猫は元々消化が不得意な動物で、穀物が多く含まれているキャットフードを選択すると消化するために身体に負担を与える可能性があります。飼主さんの中には猫に負担を与えるのであれば穀物を含めないように製造すればいいのにと疑問を抱く人もいますが、穀物を使用すると量が増えるので、コスト削減など業者側にメリットがあります。

実際に穀物が使われていないキャットフードを選択することでアレルギー予防、対策が可能です。アレルギーは大したことはないと思う人もいますが、動物がアレルギーになると重症の場合、臓器にも影響を与える可能性があるので、健康的な生活を送ることができない可能性があります。もし穀物不使用なものを選択すればアレルギーに悩みを抱えている猫でも食事からサポートできます。

穀物不使用のものを選択することで、肥満防止なども期待することができます。肥満になれば心臓への負担が大きくなる可能性があります。そのため、肥満の猫を飼っている飼主さんの中にはダイエットをどのようにすればいいのかわからない人もいますが、もし挑戦するのであればキャットフードの変更から検討してみてはいかがでしょうか。