選ぶ時はドライフードかウェットフードかで決める


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キャットフードには大まかに分けて二種類、かドライフードとウェットフードに分けられます。市販や通販のショップではこの二種類を扱うところも多く、猫を飼っている飼主さんの中にはどちらのタイプも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ドライフードとウェットフード両者には魅力があるので、選ぶ際に参考にしましょう。

ドライフフードは高価な成分が使用されているキャットフードでも安価に購入できます。また、必要な栄養素やカロリーがしっかりと配合されているので、猫に必要な成分を食事から与えることが可能です。更に保存ができることも利点です。今では栄養価が高いキャットフードや高価な成分が使用されているものに消費期限が短いキャットフードも存在していますが、ウェットフードよりも長いケースが多いです。

ウェットフードは、水分量が多く、食事から同時に水分も摂取できることが利点です。また、味の種類が豊富です。実際に店舗などで購入したことがある人であれば理解できますが、豊富な種類が販売されており、飼い猫の好みの味のウェットフードを見つけることができます。その他にも嗜好性に適しているという点も魅力の一つとして挙げることができるでしょう。